結婚するには何かと費用がかかる

主人とは1年半の同棲を経ての結婚でしたので、特にプロポーズはなかった気がします(笑)周りがいつ結婚するの?とうるさいから、じゃあ入籍する?うん、そうだね、みたいな軽いノリだったと思います。

私は結婚式や披露宴はブライダルローンでどうにかお金の工面はできましたが、婚約指輪は我慢しました。でも結婚指輪だけは昔からカルティエに憧れていましたので、それだけは自分の希望を伝えました。主人も快諾してくれ、2人でカルティエのショップに行きました。

初めてカルティエのショップに入り、とても緊張したことを今でも覚えています。ペアのデザインリングも良かったのですが、店員さんいわく、結婚指輪でしたらつける場所を選ばないシンプルなものがいいですよ、と奨めていただき、ちょっと迷ってプラチナのシンプルなリングを購入しました。

でも主人も私も、デザインリングに少し未練が残りました。主人が「結婚して10年経ったらデザインリングを買おう」と言ってくれ、私も「うん!」と嬉しく返事をしました。

あれから10年以上、スイート10もなけりゃ、あのデザインリングなんて夢のまた夢。今は子育てと住宅ローンに車のローンに、指輪を買うなんて選択肢は全く皆無ですが、毎日平凡ながらもみんな元気で健康で過ごせて、とても幸せです。

指輪は、銀婚式か金婚式で新しいものがまた買えたらいいなと思っています。ファンキーなおじちゃんとおばちゃんでいたいので、カルティエのデザインリングがいいな。その日がくるまで、主人といつまでも健康で仲良く過ごしていきたいです。

結婚指輪は一生ものですので、これから購入される方には、妥協することなく、自分たちの好みのブランドでデザインも悩みに悩んで悔いのないように楽しみながら決めてください、と伝えたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です